クレジットカードの審査について悩む

カードが欲しいと思うのは、メリットが多いから

クレジットカード持つには、審査をクリアする必要があります。

 

審査とは、各カード会社が申請者にカードを渡しても大丈夫かを調査することです。

 

なぜ、この様な調査が必要かというと、クレジットカードは現金と同じように使用出来ます。

 

カードでお金を借りることも出来るので、カード会社は確実に現金が回収できるかを調査する必要があります。

 

また、カードの種類によっては、戦車を買うことも出来ます。カードは個人情報の宝庫でもあるので、カード会社は調査を重視しています。

 

カードを申し込むには、申込書への記載、インターネットでの申請方法があります。どの様な内容かというと、名前、住所や電話番号、勤務先の企業、年収などの記載が必要で、場合によっては勤務先の企業に確認の連絡が行われます。個人の本人確認できる書類のコピーも必要です。

 

学生や主婦は、基本的にはカードを発行することが出来ません。

 

クレジットカードの審査に悩む

 

しかし、配偶者や家族が一定以上の収入があれば、認められることがあります。

 

最近は、学生用にカードを発行するサービスも行われ、全体的に調査基準が引き下げられている傾向があります。

 

クレジットカードを審査を受けても欲しいと考えるには、様々なメリットがあるからです。

 

一つは、小銭などの現金を持ち歩かなくても買い物が手軽に出来ることです。

 

また、買い物をすることでカード会社や提携している会社のポイントが入ります。

 

ポイントを商品などに交換することが出来るのでお得です。カードを持つ理由としてポイントが入るということでカードを持つ方が多いと思います。

 

二つ目は、海外旅行に行ったに便利なサービスがあることです。

 

多くのカードには海外旅行保険が付随しているので、海外で荷物の紛失や何か病気や怪我が起った際は安心して医療機関を利用することが出来る保証があります。

 

また、カード会社は海外に旅行ラウンジもあるので、現地の旅行情報を入手できます。そして、海外ではカードを持つことが社会的な信用とされています。

 

かつて学生時代に

かつて学生時代に、インターネットでのショッピングなどに必要だったために、どうしてもクレジットカードが欲しく、とあるカード会社に申し込んだことがあったのですが、その当時は学生と言うこともあり、安定した収入のないことからやはり断られてしまいました。

 

当然と言えば当然のことです。

 

新規借入が厳しくなった

 

アルバイトはしていましたが、学生と言うこともありその収入額は月によってまちまちでした。

 

結局その時欲しかったものは、両親に無理を言って親のカードで代理で購入してもらうことで済ませました。

 

その後、学校を卒業してからも、しばらくはフリーターとしてアルバイトで生活を送る日々でしたが、この時も申し込んでみましたが、やはり審査で落とされてしまいました。

 

本人よりも親の信用状況が重視されます

 

フリーターと言う不安定な状態が嫌われたからなのでしょうか、また収入が少なかったからでしょうか、結局手に入れることが出来ませんでした。

クレジットカード審査の悩みが解決

 

運よく勤めていたアルバイト先で正社員に採用してもらえることが決まり、今度こそはとクレジットカードを持つために再度申し込みをしてみました。

 

まだ勤続年数は少なかったのですが、安定した収入は見込めたので基準はクリアしているのでは、と期待したのですが、そのかいもダメでした。

 

勤続年数が少ないことがネックとしか思えませんでした。

 

その数年後、同じ勤務先にずっと勤めていて、収入に関しても安定していました。

 

今回こそは大丈夫だろう、と申し込みました。晴れて審査に合格、カードを所有することが出来ました。

 

現金を降ろしに行かなくても良い

 

クレジットカードは上手に使うと本当に便利

 

体験からわかったことは、まずは学生やフリーターなどの安定した収入がないケースではほとんどのケースでダメであるということ、また正社員として勤務していたとしても勤続年数によっては落とされてしまうということです。

 

クレジットカードの発行は以前よりも早くなっている

 

正社員として、ある程度長い期間企業に勤めている状態でかつ、安定した収入を得ていることが、クレジットカードを所有するための審査に合格する条件であることがわかりました。

 

計画を立てて利用していきましょう